読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパと評論をごった煮にすると謎肉になります

ナンパの計画と書評について書き込んでいくブログです。時々時事ネタ入れます。よろしくお願いします

鬼退治

二人でやるエッチはセックス。一人でやるエッチはオナニー。じゃあ、一人でする言葉のやり取りもまた、オナニーではでは? 次元知能付きのサルが今日も元気に性感わしゃわしゃ。たわしを持ってきてももう遅い。開いた幕と閉じた繊維の間で小学生が学芸会。桃…

トッティ、早くオルゴールくれよ

よう、ねむれない夜久しぶり。いや、ねむれない事は何にもなくて、熱い恋に目覚めて覚醒に満ち満ちているとか、社会の中のある一部の世界の人間と人間のやり取りにどうしようもない窮屈さを感じているわけでも特になく、心、いや心というか情動、もなんとな…

話上手と聞き上手

話上手的なものにあこがれる。でも、僕にとって「話す」は、コンプレックスをほじくる記憶とセットなもので。つくづく口を通して音となり外に出ていくものは、出すという行為にアップアップしすぎて、平凡で、想像力とか全然喚起してくれない言葉の羅列以上…

「赤信号を渡ってはいけないよ」と言われたときに思うこと

グレーが減っていっている 最近、どうにも窮屈だな、と思うことが増えてきました。 どんどん、曖昧なことが許されない環境になっている気がして。 色んなことが見えやすくなってしまったがために、今まで見えなかった間違ったこと、よくないことがどんどん正…

尊厳死法制化と女子中学生の自殺ニュースから「死ぬ権利」について考えてみた

自らの意思で死を選ぶことについてのニュースを最近よく目にします。 news.yahoo.co.jp www.huffingtonpost.jp そのニュースたちを目にし、前々から疑問に思っていたことを改めて思いました。 自殺とは、必ずしもいけないことなのか そう思った経緯を説明し…

羽生理恵さんtogetterまとめと広田レオナさん吹越満さんtogetterまとめを見て、個人メディアも嘘をつく可能性を考える

マスコミに対して個人が戦える時代がやって来た、というのがこのふたつのtogetterまとめを見ての感想。 togetter.com togetter.com マスメディアはこれまで、事実の報道を(少なくとも建前上では)謳ってきた。僕ら一個人はその事実を精査する術を持たず、黙…

韓国いい加減にしようぜ―対馬の仏像盗んだ件で言いたいことをぶつけてみた

対馬の寺から韓国の人が仏像を盗んでいった。向こうの裁判で、倭寇により日本が韓国から盗んだのだから、返還義務なしとの判決が出たらしい。 headlines.yahoo.co.jp ふざけるな。人から借りたものは返すのが義務だ。そこで、韓国人に向け言いたいことをとり…

企業研究より自分のことを知っている方が大事―就活面接「なぜ弊社でなければならないの?」への返答

僕は、就活失敗者です。一応内定をもらえましたが、最後まで苦しみました。 そんな僕なので、どうやったら確実に内定をとれるかを話すことはできません。ですが、自分がどうしたら失敗したのかくらいは語れます。その失敗者の目線から見て、togetterで話題の…

教師が「女子力足りない」と説教するのは不思議。そもそも女子力ってなに?

togetterを眺めていると、教師が生徒に「女子力足りない」と指導したというまとめを見つけた。 togetter.com いやいや、そもそも思うのだが、「女子力」、略して「J」って何よ?

沖縄の低姿勢の回送バスに思う「そこまでしなくしゃいけないの?」

沖縄バスが回送運行になると、「申し訳ございません」と入れ始めたらしい。 ニュースによると、沖縄では評判が上々らしい。コメント欄では逆に戸惑いの声が多かったが。 news.yahoo.co.jp 僕も正直、そこまでしなくちゃいけないの?と思ってしまう。

「東京タラレバ娘」を、セカンド童貞が見たらどうなるか

全国の男たちに言いたい!!! 「東京タラレバ娘」は、お前たちの為にある物語だ! え?いやいや、どうせリア充女子たちが、内輪でうだうだ騒ぐだけのドラマでしょ?と思っているそこのあなた。まあ、とりあえず、聞いてくださいな。確かに、この話は、結婚…

キングコング西野の「えんとつ町のプペル」のヒットはどこまで行くか―コンテンツの中身を公開することがコンテンツの宣伝になるという逆説

なぜか見栄を切るデブが面白すぎて… (出典:http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909) 自分で書いた。あんま似てない キングコング西野さんの「えんとつ町のプペル」の、話題作りの手法が面白いなあ、と思ったので、僕が面白いと思った点を…

パーマ大佐の「森のくまさん」歌詞改変は悪か、赤ずきんの女の子を描きながら考えた

↑ホストを足蹴に大金をばら撒く赤ずきん(注:謎肉の勝手なイメージです) headlines.yahoo.co.jp パーマ大佐という人が、童謡の「森のくまさん」の歌詞を改変して歌っていたらしい、とこのニュースを読んで初めて知った。動画を見ると、なるほど、面白い。 …

「生活保護なめんな」ジャンパーは、何が悪いのかという素朴な疑問を、ロゴを写しながら考えてみた。

小田原市の市職員の「なめんな」ジャンパーの着用は何が悪いのだろう?と思っていたらこんな記事を見つけた。 nariblog.com 実際、このジャンパーを市職員の間だけで着ているのであれば特に問題はなかっただろう。今回の問題は、受給対象者が見る可能性の高…

トランプは、実はインテリやくざか

ドナルド・トランプの大統領選勝利から2か月が経過したが、未だにネットニュースにはトランプの話題が絶えない。 news.yahoo.co.jp headlines.yahoo.co.jp 政治素人ながらに思うのは、彼の政治は、過激ではあるが理に適っているなということ。やろうとしてい…

興行成績と作家性への評価を兼ね備える「シン・ゴジラ」はやっぱり化物だ

headlines.yahoo.co.jp yahooニュースでこちらの記事がトップになってました。 昨年の大ヒット作「君の名は。」が「キネマ旬報」ベストテンから漏れていたことがなぜか?という疑問で読者を引っ張り、「キネマ旬報」の選考委員に映画通が多く視点が個性的で…

「いやよ!!生活保護なんて絶対受け取るもんですか!!」と思っている生活困窮者へのラブレター

拝啓 生活困窮者のみなさま いきなりですが、僕は生活保護受給者を差別しています。下に見ています。

編集術を相対化してみてほしい 「僕たちは編集しながら生きている」

good point 〇様々な手法が載っていてアイディアが様々に浮かんでくる。 ・インタビューの手法 ・ライフ・ワークショップ ・フリーペーパー ・ニューレビュー 〇メディアとして社会に発信する、という意識を発信者は強く持った方がいい、と伝えてくれた bad …

「真田丸」を見て改めて思う―堺雅人ってカッコよくないすか?

私は今、NHK大河ドラマ「真田丸」が大好きだ。好きが高じ、派生番組にもチャンネルを合わせる。先日、NHKの朝のワイドショー「あさイチ」の「真田丸」特集で主演の堺雅人さんがゲストに呼ばれている回を見た。 その時に「男が目指す男」について思った…

合理性(正)教徒と抒情異教徒の十年戦争 in ホリエモン 堀江貴文「ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた☞そしたら意外に役立った」

最近はすっかりお茶の間でお馴染みの存在となったホリエモン。ネタがなくなったらとりあえずコイツに頼っとけば問題ないっしょとばかりに最近は雑誌の表紙、コメントに彼の名前や写真を頻繁に見かける。 目立ちたがりを嫌悪するバリバリ保守派の母でさえ図書…

中村うさぎ「変?」 中村うさぎ好きは一緒に飲み明かそう

対談本なのに、哲学が通底している気がする。(哲学書読んだことないけどサ)

中村文則「迷宮」 あなたはそんなに汚くないよ

この人の小説を読むと、悪への敏感さに慄いてしまう。

「愚者は自分の失敗に学ぶ 賢者は他人の失敗に学ぶ」を肝に銘じます 「ジェーン・スー 相談は踊る」

こんにちは。マシマシでっす。 僕は、ラジオをたまに聞きます。 FM、AM、TBSラジオ、JWAVEなど各局ありますが、一番好きなのはどの局か。 FMは少しシャレオツすぎてとっつきにくいし…。AMはオールナイトニッポンが面白いよねえ…。 でも、一…

中村うさぎ「パリのトイレでシルブプレ~~!」 「本物の自信」なんて、ケツ拭くちり紙にすりゃ、なりゃあせん

僕が最近何度も中村うさぎのことが好きだ、と言い続けているが、あえて何度も言いたいです。中村うさぎ大好き。 tanakanaka0310gmailcom.hatenablog.com tanakanaka0310gmailcom.hatenablog.com そんで、何度も様々に中村うさぎを好きな理由を言い続けた来た…

可愛くない子へのナンパはかえって成功しにくい気がするのはなぜだろう?

以前、下北沢駅前でナンパした、お世辞にも可愛いとは言えないようなメガネをかけた女子と僕の会話だ。 僕「こんばんは。お姉さん、可愛いですねえ」 メガネ女氏「いえ、そんなことないです全然」(真顔) 僕「いやいや、可愛いですよ~」 メガネ女氏「いや…

夏目漱石「こころ」を超える価値観の提示 中村文則「悪意の手記」

こんにちは。マシマシでっす。 突然ですが、僕は、西加奈子さんのファンです。彼女の作品の、ラストに溜まったストレスをエンジンに突き進んでいく疾走感、爽快が好きなんです。その彼女が、中村文則さんの「教団X」をむちゃくちゃ評価してたので、気になっ…

他者を愛することで、自己を愛すること 角田光代「八日目の蝉」

こんにちは。マシマシでっす。今日は、角田光代さんの「八日目の蝉」と読みました。これ、直木賞もとってるし、映画化もされ、昔結構話題になったみたいですね。 www.youtube.com いつものように、ネタバレ全開で話していこうと思います。

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」

福岡伸一さんの「生物と無生物のあいだ」を読んでます。 科学と、私たちの共通する考え方を示してくれる本だ。だから、科学の、生物をどう定義するかの流れを示されている本なのに、大変秀逸なハウツー本としても読めるし、先人たちの足跡を辿る文学のように…

自己を見据えさせてくれる他者 朝井リョウ「何者」 19夜目

こんにちは。マシマシでっす。 今、映画化で話題の朝井リョウ「何者」読みました。今度、映画についても感想書きたいと思いますが、今日は小説のみ。いつものように、ネタバレ込みで、感想行きます。

芥川龍之介「疑惑」 過去からの問いが、「ゆとりですが、なにか」で一つの答えを提示できたのでは?

こんにちは。マシマシでっす。 芥川龍之介「疑惑」読みました。いつものようにネタバレ全開で、感想言っていきます。

11月ナンパ計画

こんにちは。マシマシでっす。 11月のナンパの目標です。

トランプ大統領当選翌日の朝刊の社説を読み比べてみた トランプへの期待度は6紙でどのような違いがあるのか

ドナルド・トランプ、アメリカ大統領当選が決まりましたね。 トランプ当選翌日11月10日の主要新聞6紙の朝刊の社説を読み比べてみました。 各紙で言っていることがそれぞれ微妙に、というか、けっこう違っていて。具体的にどう違っていたかを見ていこうと思い…

芥川龍之介 「西郷隆盛」 歴史と論理は利用手段でいいと思う

こんにちは。マシマシでっす。 今回は、歴史について少し考えてみようと思います。 歴史ってどこまで正確か、わからないですよね。なぜかって? 今、僕らが信じている正しいとされる歴史は、その時代の人々が残した日記や記録から後世の学者たちが正しいと判…

戦争対立国間の対話について考えた 原民喜「夏の花」

こんにちは。マシマシでっす。 原民喜「夏の花」を読みました。 原子爆弾によって、人間が(身体的に)どう醜く変化するか、広島の建物の崩壊、人間が安定して生活するためのシステムが一瞬にして崩れ去るとどんな混乱が生まれるかが、とても具体的に記され…

中村文則「掏摸」 当事者として生きるには

この小説の木崎という人物がいる。彼は、視聴者がであり、作者だ。 木崎が、人生について語る描写がある。 この人生において最も正しい生き方は、苦痛と喜びを使い分けることだ。全ては、この世界から与えられる刺激に過ぎない。そしてこの刺激は、自分の中…

高石宏輔「あなたは、なぜ、つながれないのか ラポールと身体知」 コミュ障はうまく話せないからコミュ障なのではない。自分を顧みることを知らないからコミュ障なのだ

「自分の感情や感覚を自覚しながら、自分で発想して、試して、その成功、失敗に一喜一憂する中で、自分で考えるための感覚は育まれていく。そのことを実感したときに人は他人にアドバイスを求めずとも、自分で進めるようになっていく」 高石宏輔「あなたは、…

筒井功「忘れられた日本の村」 限界集落の中の遺産に目を向ける

「この小さな山間の天地にも一三〇〇年を超す歴史があり、その盛衰にはなかなか激しいものがある。どんなにささやかに見えても、これこそ歴史と呼ぶべきものではないだろうか」 継承者がなく途絶えた狂言の曲目の舞が伝統として伝わる村や、裏庭から水晶が掘…

斎藤孝「斎藤孝の速読塾」 話上手になるための速読術

「斎藤孝の速読塾」を読んだ。 この本は、速読術の説明の前に、読書の目的をしっかり解説することから始めている。 まず、読書は 他者理解(自分の主義主張だけにこだわることなく、他者の意見を受け入れようとすること)のためにある ↓ そのためには、多く…

円城塔「プロローグ」 創作に当たってのゴミに光を

創作は、その活動の時点で多くの「ゴミ」が重なるものだと私は思う。私が昔行っていた演劇であれば、何度も稽古を繰り返し、台本が変わり、最終的にお客さんに発表された作品まで何度も案を作っては捨てを繰り返した。このブログであれば、何度も書いては修…